一色進 * 夏秋文尚 *キハラ宙
ever free/hide with Spread Beaver
まあ、こんなサイバー・スペースの最果てみたいなブログで、
140万枚も売れたアルバムを取り上げるのもなんか不思議な気分だけど、
1998年は間違いなくこの人の1年だった。
年明けからhide with Spread Beaver 名義でシングル"rocket dive"をリリース。
そしてヒット。当時意外なところから飛び出した極上のポップ・ユニットに狂喜乱舞したもんだ。
そしてその年に事件が起きて3枚のシングルと遺作のサード・アルバム「Ja,Zoo」がたてつづけにミリオンな1年。
そんな10年前のナンバーたちがなぜかオレの中で今また蛇ロテ中なのだ。
たしかことの起こりは、今製作中のジャック達の新曲のなかに「謎の帽子屋」という曲があるんだが、その歌詞がなんかの世界と近いよなあとずっと気になっていた。
そして、もしかしたらhideっぽいのかもと思い、このCDをひっぱりだしてきたのがhide熱再燃の序章だった。
もうこのアルバム今こそ聞くべきだね。超絶なウルトラ・ポップおよびロックの塊だ。
中でもhide with Spread Beaver での3枚目のシングルで出た"ever free"は、もうどうしていいかわかんないくらいかっこいい。
まあ、ジャック達の「帽子屋」の方はこんなスピード感はないのだが歌詞的にはhideが舞い降りてきて書かしてくれた感はある。
しかし、このアルバム今聞くと当時聞いたときよりもさらに感動がますなあ。
当時はやっぱり訃報っていう大きなニュースと並べて語られたし、
このアルバムの持つ音楽本質の素晴らしさが伝わりにくかったのかもね。
そして10年という時間がhideとI.N.A,っていうふたつの稀代まれな才能のコラボを
素直に楽しめるようにしてくれたのかもしれない。
"rocket dive""pink spider""ever free""hurry Go Round”の4曲のシングルももちろんいいんだけど、それ以外のトラックもグッとくるよ。
まだ先入観とかでこのアルバムに出会えてない人がいるとしたら、それはとても不幸なことだ。
今すぐ、タワーjpでポチッとしなくちゃだわ。
もう我が家ただいまhide漬けでたいへんなことになってます。
「ラジかる、ラジかる。」って、ってそれ髪の毛の色違う人だから。

ジャックいっしき。

f0113153_11464530.jpg

[PR]
by isssssiki | 2008-06-27 11:46 | ブログ的
<< モット・ザ・フープル物語/モッ... フレンズ・オブ・マイン/ザ・ゾ... >>



ライブのおしらせ
by isssssiki
カテゴリ
ジャック達CD
ジャック前夜
TKHY
タイツCD
ブログ的
ライフログ
以前の記事
2011年 11月
2011年 10月
2011年 02月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 04月
2005年 01月
2004年 09月
2004年 06月
2004年 04月
2004年 03月
2003年 12月
2003年 11月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧